エイジングケアによって肌トラブルを解明する

エイジングケアとは、加齢によって生じる肌のお手入れのことを指します。ちなみに、アンチエイジングとほぼ同様の意味ですが、効能を謳える薬事法がらみで「エイジングケア」と呼ばれるようになった経緯があります。そのため、エイジングケアの方法には老化を防止する取り組みがあてはまり、多くは紫外線と乾燥肌の防止が求められることになります。こういったことを定期的に行うにつれて、肌トラブルを解明する手掛かりとして利用できる価値があるものと推測されています。

 

肌トラブルにはシワやたるみといった、実に多くの事例が確認されています。肌の老化には、単純に年齢によって機能が低下されていくものですが、外の刺激によって確実に肌はさらされることになります。乾燥肌の場合、肌の角質層がはがれない状態が続き、新陳代謝の遅れを促すことになります。その結果、ニキビや吹き出物などの肌トラブルに遭うことになります。

 

近年のエイジングケアでは、こういった外の刺激への対策のほかに、「糖化」と呼ばれる現象を警戒しています。糖化とは、過剰な糖の摂取によって老化を早める現象のことをいい、肥満や糖尿病の危険性が指摘されています。このため、ゆっくり噛んで食べることで、糖がエネルギーとして消費されやすい環境を作ることが重要になってきます。このことから、エイジングケアとは普段の生活に少し注意を傾けることで実現できるものとされています。

老け顔の原因とエイジングケアの方法

顔のたるみがある人とない人では、見た目年齢が10歳くらい違います。
ほうれい線がめだってきた、頬の毛穴が楕円形になってきた、口角が下がってきたという方は危険信号です。
顔の筋肉が衰えると皮膚がたるみ、顔全体の皮膚がたるんで老け顔をつくってしまいます。
顔のたるみの原因は、加齢による老化であり、肌のの真皮層にあるコラーゲンなどが加齢により減少して、皮膚の伸縮性が鈍くなり、肌のハリや弾力性がなくなり、たるみとして現れるのです。
また紫外線を多くあびてしまっていたり、乾燥した場所に長く居たりすることも皮膚の老化を早めて、肌のハリや弾力性が失われる原因となるのです。
老け顔はエイジングケアを講じることで改善は見込めます。
部屋や入浴中にも簡単に行える、あいうえお体操は老け顔を予防してくれます。
上を向き、口を大きくあけて「あー」と10秒間言い続けます。
「い」も同様に行って、目を横に伸ばすようなイメージを持ちながら行うとエイジングケアに繋がります。
「う」も同様で、唇を前に突き出す感じで行います。
「え」も同じく、口を四角く拡げるようなイメージで行います。
「お」は口を縦長の形にするような感じで行うと効果的です。
このエイジングケアを毎日行えば、老け顔も解消されます。

エイジングケア前に知っておきたい、肌質のチェック方法

人は誰でも年を重ねるごとに老いていくのは当然の事ですが、女性としてはいつまでも若々しく美しくありたいものです。最近よく耳にするエイジングケアとは老化を防ぐお手入れの事で毎日欠かさず行うとお肌はちゃんと答えてくれます。だからと言って自分の肌質に合わないお手入れでは折角の努力も半減です。そこでエイジングケア前にご自分の肌質を知る事から始めてみてください。肌質のチェック方法はお店でもしてもらえますが、簡単にご自分でもチェックできる方法をご紹介します。毎日の洗顔をいつも通りにおこなってください。その後、化粧水等なにもをつけずに5分程度おくと自分の肌の状態が分かります。お顔全体がしっとりしお肌がつっぱらない場合はトラブルの少ない普通肌です。次にお顔全体がつっぱる場合は乾燥肌で水分量が少なくシワ等ができやすいタイプです。(敏感肌もこのタイプに含まれることが多いです。)反対にお顔全体が油っぽい場合は脂性肌でニキビや吹き出物ができやすいタイプです。最後にお顔のTゾーンだけ脂っぽく目元や口元はかさつく場合は混合肌タイプです。自分の肌質を理解し、お肌に合った化粧品を選ぶ事がエイジングケアの第一歩になります。

シワも毛穴も30秒で隠れる♪
シルキーカバーオイルブロック

エイジングケア化粧品を選ぶコツについて

年齢とともに肌は衰えていきます。
しかし、普段から正しいケアをしているかどうかで、肌の老化のスピードは変わってきます。
エイジングケアの効果を高めるために、化粧品を選ぶコツがあります。
肌の表面の部分を角質層といいます。
角質層には、外部の刺激を守り、水分が出ていくのを守る働きがあります。
角質層の下の、表皮細胞は、肌表面に押し上げられて、28日かけて、角質細胞になります。
このサイクルを、ターンオーバーと言います。
エイジングケアは、ターンオーバーが正常に機能することを助ける成分をプラスすることです。
ターンオーバーが遅いと、肌表面に小じわができます。
化粧品を選ぶコツは、セラミドが入った商品を使うことです。
水分と結びついて、肌の潤いを守る働きをするので、エイジングケアに適しています。
コラーゲンは、真皮の70パーセントをしめる成分です。
肌の張りを支えています。年齢を重ねると、生産量は減ってきます。
コラーゲン入りの化粧品を使うと、しみやたるみを防ぐことができます。
保湿は必要で、化粧水だけでは肌が荒れてしまいます。
油分の多いクリームなどではなく、保湿力の高い美容液を使いましょう。
日焼けも肌老化に良くないので、日焼け対策も毎日行いましょう。

エイジングケアをはじめる年齢はいくつくらいから?

エイジングケアは何歳くらいからはじめるものなのでしょうか。
年齢肌を感じはじめる年齢は人によって異なります。
そのため、エイジングケアをはじめる年齢に基準はないのですが、美肌成分であるエストロゲンや肌の水分量は、20歳くらいをピークにどんどん減っていくと言われています。
そのため、早い人では、20代後半から肌質に変化を感じ、エイジングケアを始めるという人もいるようです。
20代後半からケアを始めると言えば、まだ早いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、決して早いわけではないのです。
しかし、あまりに早いうちから美容成分を多く取り込んでいると、肌がそれに慣れてきて、肌自らが美しくなろうとする力を抑えてしまうこともあるので、注意が必要です。
過剰なケアはかえって肌に悪い影響を与えることもあるのです。
そして、エストロゲンや肌の水分量は、35歳頃から減少のスピードが速くなります。
そうなると、しわやしみ、くすみなど、肌の衰えが目に見えて現れてきます。
これくらいの年から本格的なエイジングケアをはじめるという人は多いようです。
さらに40代を過ぎると老化が急速に進んでいくので、本格的なエイジングケアが必要になるのです。

エイジングケアをはじめるタイミングについて

エイジングケアと年齢はあまり関係がありません。
今の肌の状態を知り、自分が必要と感じた時がエイジングケアをはじめるタイミングです。
鏡で見た感じと触った感触で、今の自分の肌を判断します。
鏡を見た時のポイントは、開いた毛穴が下がっている、無表情でも目尻や口元にシワが残る、ほうれい線やまぶたのくぼみが目立つといった場合です。
肌を触った時のポイントは、弾力が感じられない、ゴワゴワしているといった場合です。
このような場合は、すぐにエイジングケアをはじめる必要があります。
この他に、朝起きて少ししても枕や布団のカタがなかなか消えなくなったり、アイライナーを引く時にまつげのつけ根がよれて引きづらい、ピンセットで眉毛を抜く時にまぶたが若干伸びるなどは、エイジングケアをはじめるタイミングのサインとされています。
エイジングケアは早すぎるということはありません。早くからはじめる方が、良い肌の状態を長くキープできます。
エイジングケアが必要になった時にすぐにはじめられるように、どういった種類があるのか、どの商品がよく売れているのかなどを、今のうちから調べておくことが早急な対処につながります。
インターネットの口コミサイトを活用したり、化粧品コーナーの販売員のおすすめを参考にし、サンプルを使用する方法もあります。

エイジングケアと、心と笑顔の関係性

エイジングケアは特に女性の方から支持されていますが、高い基礎化粧品を使う事だけが良いエイジングケアという訳ではありません。実は笑顔や心も関係してくるのです。
笑う事で免疫力が高まり、肌の調子も良くなります。病気になりにくいというのは有名ですが実は肌にも良いのです。血行も良くなるので肌色も綺麗になります。
また、心との関係ですが、ストレスが溜まると肌に表れてきますよね。ストレスを時々解消し、溜めないこともエイジングケアになります。そんな時にこそ笑顔になるのです。笑い、ストレスを溜めない。これが最高のエイジングケアになるのです。お金も全くかからないし、普段から簡単に行えることなので続けれますね!
外からのケアも大事ですが、一番は中からのケアです。ケアをしたいと思う気持ちも中から出てきますよね。その気持ちの原因が外にあるということなので、体の中から改善し、そこから外のケアにも力を入れるようにしましょう。
今回は笑顔と心の関係性でしたが、他にもケアの方法は沢山あります。ご自身に合うケアをするのが大事ですのでわからないことがあったら聞くという手もあります。インターネットでしたらより沢山の方から意見が貰えます。良いエイジングケアをしていつまでも若々しくいられるように頑張りましょう。

シミのエイジングケアに効くのは?

紫外線の影響が主な原因でできシミは加齢によって皮膚の新陳代謝が落ちるとメラニンの排出がスムーズにいかなくなり、改善に時間がかかります。角質層が硬くなると市販の美白コスメも浸透しづらくなり、効率の良いケアはますます難しくなります。エイジングケアにとって重要なのは土台である皮膚のターンオーバーを正常化し、弾力を持った状態を取り戻す事です。定期的にソフトなピーリングを行うと肌表面のざらつきが取れ柔らかくなるため、シミが早く剥がれ落ちます。ビタミン誘導体を使用した美容液を併用するとより効くのが早く、シミが短期間で薄くなります。エイジングケアは若いうちに始めた方が効くのも早いですが、年齢によって効く厚くなってしまった角質層に対しても即効性のある方法としてあげられるのはレーザーやフォトフェイシャルです。特定の波長をもった光を肌に照射し複数回同様の施術を繰り返す事で、肌表面を整えると共に真皮層に熱が届きコラーゲン生成を促します。医師にハイドロキノンを処方してもらう事もできますが、エイジングケアは生活習慣の見直しも大切です。ビタミンや繊維質を多く取り運動を日常化する事でで代謝はあがります。直射日光に当たらないよう注意をすることも大切です。

What’s New